リース店舗とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リース店舗

俗にリース店舗と言われる物件の場合、入居前から造作や内装、厨房設備、什器などが備わっているため、基本的にはすぐに営業が開始できる状態になっています。

居抜き物件と表向きは似ていますが、居抜き物件が造作を購入したり無償で譲り受けたりするのに対して、リース店舗の賃借人は造作に対する所有権を持たず、あくまでリースという扱いとなる点が大きく違います。そのため、入居者は造作を無断で売却したり、取り替えたりすることはできず、必然営業可能な業種も現状を活かした、限られたものとなってきます。

一方で、設備等のメンテナンスや故障の際の対応などを代理で行ってくれたり、内装工事や機器の購入にかかる初期費用を抑えられるという、メリットもあります。
また、この契約形式をとる物件は主に、スナックやクラブなどの業種を前提としたソシアルビルなどによく見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店舗の出店・退店を検討中なら『テンポスマート』へ

いかがでしたでしょうか?

テンポスマートでは、「出店支援」「退店相談」をはじめとして、店舗にまつわる様々な取り組みを行っております。

店舗運営者の方、店舗物件をお探しの方は、是非テンポスマートにアクセスしてみてください。

無料会員登録いただければ、会員限定の機能として「自動物件配信」があり、マイページより希望条件登録すれば、合致する新着物件が出るたびにメールで物件が届きます。

居抜き物件(居抜き店舗)ならテンポスマートTOPへ