条件に合う居抜き物件・スケルトン物件を見つけて店舗を開業

主な成約事例

  • After
  • Before
契約時期
2017年3月
坪面積
12.00坪
業態
ベーカリー
最寄駅
東京メトロ東西線/行徳駅 徒歩3分
住所
市川市行徳駅前1-27-17

コメント

今回は、パン屋さんの成約事例のご紹介です。一般的に、軽飲食のような印象を与えるパン屋業種ですが、もし焼き釜等を用いて、製造まで店舗で行う場合、通常の重飲食以上の設備容量や投
資を必要とする事もあります。その為、全体としての物件数は少ないものの、元々パン屋として営業していた店舗を居抜きで引き継ぐメリットは多いといえます。工事費用を抑えられる上、通
常の物件で問題になりがちな、設備容量や業種制限等のハードルもすんなりクリアできる事が多いからです。そして、パン屋同士の居抜きの場合、引き継げるのは、造作だけではありません。
パン屋さんというのは、居酒屋等と違って、町にそういくつもあるわけではありません。小さい町であれば商圏内に1つか2つでしょう。つまり大抵のパン屋さんは、住民からパン屋がそこにあ
るモノとして認知されます。要は、上手くいけば、造作だけではなく、パン屋がそこにあるという認知、すなわちその町における「パン屋さんとしての役割」も引き継ぐ事が出来るという事で
す。
今回の事例も、まさにその通りでした。元テナント様は、TV等で何度も特集されるような有名な店舗で、周囲の住民の方に良く知られ、愛されていたテナント様でしたが、個人的な都合によ
り、惜しまれつつも閉店することとなりました。一方、出店希望者様はというと元々、居酒屋等を運営なさっていた中規模飲食チェーンの方でしたが、最近ひそかなブームを起こしつつあるコ
ッペパン専門のパン屋さんという業態をフランチャイズで展開し、ベーカリー業界への進出を目指す方です。
今回の案件では、前と後、それぞれ業態は違えど、どちらも話題となりやすいパン屋さんという事で、元々前テナント様のお店に通っていたお客様方もいくらか呼び戻すことが出来たようで
す。オープンした店舗はスタートダッシュに成功して、業績好調との事で、早くも弊社で次なる出店のお手伝いを始めています。